不動産広告の読み方とは

革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

不動産 ネット

ビル

不動産広告の読み方とは

インターネットを使って物件情報を調べるときには、掲載されている内容を吟味するテクニックを身に着けるべきです。
特に不動産広告を読むときには、言葉の定義などをしっかりと理解することが重要です。
その中でも代表的なものとしては、徒歩時間に関することが挙げられます。
不動産広告では、1分間に80メートル歩くという前提で徒歩時間が掲載されています。
したがって駅から徒歩10分の物件であれば、800メートル駅から離れている点を理解することが重要です。
最近ではネットでデザイナーズ物件について紹介されることも増えているので、その言葉の定義についても理解を深めるべきです。
デザイナーズ物件は内装や外観が個性的である点が特徴的であり、リノベーションが行われている物件も多いです。
また賃貸物件を探すときには、特に初期費用についての情報をしっかりと収集するのが良い方法です。
敷金や礼金に加えて仲介手数料も必要なので、広告に掲載されている金額を十分に調べるのがポイントです。